その時の空気が聞こえれば、思考の内容を思い出せる。「最小限のメモでミーティング全体をカバーできます」

その時の空気が聞こえれば、思考の内容を思い出せる。「最小限のメモでミーティング全体をカバーできます」

株式会社ワイドブック 代表取締役
青山学院大学兼任講師
人材育成・経営コンサルタント

廣本 寿夫

富士通株式会社勤務を経て2007年に同社を設立。経営・人材コンサルタントとして、企業・団体・個人のサポート、都市と地域の交流、企業家育成等をテーマに精力的な活動をしている。

このエコー・スマートペン。もうこれ、使ってみて手放せない。
前から欲しかったペンですね。

人材育成・経営コンサルタントの廣本さんに使ってみた感想をお聞きした時の第一声だ。
廣本さんは大手企業の管理職やリーダー層に対して研修を行っており、各企業は世界で活躍できるリーダーの育成を求めているという。真のリーダーシップとは、言いたいことを主張するのではなく、相手の要望を上手くヒアリングし、それをまとめる力が非常に大切だと廣本さんは言う。このヒアリング能力に効果を発揮するのがエコー・スマートペンだ。

私は経営・人材育成コンサルタントとして活動しておりますが、その中で最も重要となるのは「お客様とのミーティング」の時間です。話を聞きながら本質を整理・体系化し、状況・課題を共有するわけですが、このプロセスを通して信頼関係を構築出来るか否かがビジネスの成否を左右します。「エコー・スマートペン」を実際に使わせていただいていますが、「メモの秘密兵器」と感じています。事前に記述しておいたメモ(ヒアリングすべき事)と、お客様の声を紐づけて管理出来る。本当に画期的だと思います。さらに、想定外のお話になったとしても、キーワードのみをメモしておけば、後で音声と紐付け可能なので、その場の会話に集中できます。「エコー・スマートペン」は、仕事の現場で発生する「私の悩み」をほぼすべて解決してくれました。漏れの無いヒアリング。最小限のメモで万全の記録が可能。全ての神経を会話に集中出来るので、メモをとることを意識させてはいけないコンサルティングの仕事やクリエイティブチームのブレーンストーミング、議事録作成などに威力を発揮しそうですね。