サポート・ダウンロード

ユーザー登録やセットアップについて解説している他、
マニュアル等もダウンロードいただけます。

FAQ

文字や絵、音声を録音する

  • 音声を録音しないで文字や絵だけを記録できますか?
    • できます。文字や絵だけを記録するには、エコー・スマートペンをオンにして、専用ノートに書くだけです。音声を録音するには、ノートの録音ボタンをタップします。
  • 専用ノートなしに音声を録音できますか?
    • できます。エコー・スマートペンの電源ボタンを長押しして、ディスプレイに「REC」と表示されるのを待って録音を開始します。録音の終了は電源を切ります。
      音声を再生するには、エコー・スマートペンのメインメニューから[ペーパー リプレイ]→[セッションの再生]を選択します。
      音声の再生中に、専用ノートに文字を書くと、再生中の音声は新しく書いた文字に自動的にリンクされます。
  • すでに録音した音声を、新しい文字や絵とリンクさせることはできますか?
    • できます。音声を再生しながら、別のページや他のノートに文字などを書くだけでよいのです。新しく書いた文字をタップすれば、元の音声が再生されます。
  • 録音の際、音声品質を変更できますか?
    • 音声品質を調整するには、エコー・スマートペンのメインメニューから、[設定]→[音声品質]を選択し、[高]、[中]、または[低]を選択します。
      高品質の録音は、本体の内蔵メモリーを多く使います。
  • 音声の再生スピードはどのくらい早くしたり遅くしたりできますか?
    • ノートのplayback contorolボタンを操作して、音声の再生スピードを変更することが出来ます。
      1. (-)を1回タップすると、
      2. (-) first tap = 0.9x speed
      3. (-) second tap = 0.8x speed
      4. (-) third tap = 0.7x speed
      5. (-) fourth tap = 0.6x speed
      6. (-) fifth tap = 0.5x speed Speed up

      7. (+) first tap = 1.2x speed
      8. (+) second tap = 1.4x speed
      9. (+) third tap = 1.6x speed
      10. (+) fourth tap = 1.8x speed
      11. (+) fifth tap = 2.0x speed
  • エコー・スマートペン本体のメモリがいっぱいになってきました。ペン本体のデータを削除する方法を教えてください。
    • エコー・スマートペンでは、ペン本体のメモリにデータを保持している現在使用中のノートを「アクティブノートブック」と呼んでいます。
      管理ソフトEcho Desktop(写真はWindows版)でPCに転送された状態では、右図のように「アクティブノートブック」と表示します。
      ペン本体内のデータ容量が少なくなってきたときや、同じ種類の同じ番号のノートを使いたいときには、「アーカイブ化」を行って、ペン本体からノートと音声データを削除し、本体の未使用メモリを増やすことができます。

      「アーカイブ化」は次の手順で実施します。

      ➊Echo Desktopを起動して、マイクロUSBケーブルでペンをパソコンに接続します。
      ➋「アクティブノートブック」からアーカイブ化したいノートを選択して、メニューの「ファイル」から「ノートブックをアーカイブ化」を選ぶと、「アーカイブ化」が始まります。(データの状態によって、数分~十数分間かかることがあります。)ペンの液晶画面がデータ転送中の表示に変わりますので、転送中はUSBケーブルをはずさないでください。また、パソコン本体がスリープしないようにご注意ください。
      ➌「アーカイブ化」を終了すると、ペン本体からそのノートのデータが1冊分まるごと削除され、メモリの空き容量が増えます。パソコンのEcho Desktop上では、上の画面のように「アーカイブ化されたノートブック」の位置に移動して表示されます。

ノートについて

  • 2台の本体を購入したのですが、付属のスターターノートは同じペンで使うことができますか?
    • エコー・スマートペンでは、ペン本体のメモリにデータを保持している現在使用中のノートを「アクティブノートブック」と呼んでいます。
      管理ソフトEcho Desktop(写真はWindows版)でPCに転送されると、右図のように「アクティブノートブック」と表示します。
      スターターノートは、どのパッケージにも同じノートが同梱されています。
      2冊目のスターターノートを使い始める前に、必ず「アーカイブ化」を行って、ペン本体からノートデータを削除するようにしてください。
      アーカイブ化を行わずに同じ種類のノートの同じページに記入すると、データ上は一つに重ね合わせて合成されてしまうことがあります。

      「アーカイブ化」は次の手順で実施します。

      ➊Echo Desktopを起動して、マイクロUSBケーブルでペンをパソコンに接続します。
      ➋「アクティブノートブック」からアーカイブ化したいノートを選択して、メニューの「ファイル」から「ノートブックをアーカイブ化」を選ぶと、「アーカイブ化」が始まります。(データの状態によって、数分~十数分間かかることがあります。)ペンの液晶画面がデータ転送中の表示に変わりますので、転送中はUSBケーブルをはずさないでください。また、パソコン本体がスリープしないようにご注意ください。
      ➌「アーカイブ化」を終了すると、ペン本体からそのノートのデータが1冊分まるごと削除され、メモリの空き容量が増えます。パソコンのEcho Desktop上では、上の画面のように「アーカイブ化されたノートブック」の位置に移動して表示されます。
      「アーカイブ化」は、ノート単位でのみ実行できます。アーカイブ化するとペン内部からデータが削除されますから、ペン本体で音声を再生することができなくなりますのでご注意ください。ノートを持ち歩いてペンを使って再生したい場合は、アクティブなままに保持しておく必要があります。ですから、最後のページまで使ったノートのうち、持ち運んでペン本体で再生する必要がないノートからアーカイブ化を行うことをお奨めします。
  • 保存したノートデータの削除ができません。削除は右クリックでメニューを出しても削除メニューが機能していません。ノートのページを削除する方法を教えてください。
    • エコー・スマートペンでは、現在使用中でペン本体のメモリにデータを保持しているノートを「アクティブノートブック」と呼んでいます。
      管理ソフトEcho Desktop(写真はWindows版)でPCに転送された状態では、右図のように「アクティブノートブック」と表示します。
      「アクティブノートブック」の状態では、ペン本体の内部データとパソコンに転送したノートデータが同一に保つ必要があるので、ページ単位でデータを削除することができません。
      ですから、選択メニューはグレー表示となり、無効となっています。
      「アクティブノートブック」は、「アーカイブ化」の作業を行うと、ペン本体からデータを削除することができます。
      「アーカイブ化」されたノートは、ペン本体内のデータと関連が削除されているので、ページ単位で削除することができます。


      Echo Desktopには、「アクティブノートブック」にデータが残った状態で、必要なページを「カスタムノート」にコピーして編集する機能があります。
      「カスタムノート」は、複数のノートから必要なページを集めてきたり、順番を入れ替えたり、ページを削除したりすることができる便利な機能です。
      「アクティブノートブック」はデータの保管場所と考えて、に書き損じなどで見せたくないページがあるときには、「カスタムノート」の機能を利用されることをお奨めします。
  • エコー・スマートペンで書いたノートの画像をパワーポイント等に取り込むことはできますか?
    • 下記のいずれかの手順で、専用管理ソフト「Echo Desktop」に転送したノートの画像データを取り出して、パワーポイント等に取り込むことができます。
      まず、エコー・スマートペンをmicroUSBケーブルでパソコンに接続して記録したノートをEcho Desktopに転送してください。転送が終了したら、Echo Desktopで画像を取り出したいページを選択します。

      【方法1】ページ全体をPNG画像に保存する方法
      ➊選択したページの上でマウスを右クリックしてメニューを表示し、「○ページ目を送信」を選んで「Computer」を選択します。
      ➋下図のダイアログが表示されたら「PNG画像」を選択してください。ページ全体の画像データをファイルに保存できますから、保存したPNGファイルを、パワーポイント等に取り込んで「貼り付け」ます。

      【方法2】一部分の画像を取り出す方法
      ➊選択したページの上でマウスを右クリックしてメニューを表示し、「○ページ目を送信」を選んで「Computer」を選択します。
      ➋上図のダイアログで「PDF」を選択すると、ページ全体をPDFファイルに保存できますから、保存したPDFファイルをAdobe Readerで開いて、「編集」メニューの「スナップショット」を選択して取り込みたい領域を選択すると、その画像データがクリップボードにコピーされますので、パワーポイントの書類を開いて「貼り付け」ます。

      【方法3】背景の罫線を消して画像を取り出す方法
      ➊選択したページの上でマウスを右クリックしてメニューを表示し、「印刷」を選択します。
      ➋右図のダイアログが表示されたら、プリンタとして「Print to PDF」を選び、「ページ背景を印刷」のチェックボックスを外して「印刷」するとノートの背景の罫線を非表示にしたPDFファイルが作成できます。
      ➌保存したPDFファイルをAdobe Readerで開いて、「編集」メニューの「スナップショット」を選択して取り込みたい領域を選択すると、筆記したデータだけの画像データがクリップボードにコピーされますので、パワーポイントの書類を開いて「貼り付け」ます。
  • 新しいノートを使おうとして封シールをタップしたら、液晶画面に「このドット・ペーパーは現在使用中です。…」と表示され、説明の音声が流れました。アーカイブ化して新しいノートを使用する方法を教えてください。
    • エコー・スマートペンでは、ペン本体のメモリにデータを保持している現在使用中のノートを「アクティブノートブック」と呼んでいます。
      管理ソフトEcho Desktop(写真はWindows版)でPCに転送された状態では、右図のように「アクティブノートブック」と表示します。
      ペン本体内のデータ容量が少なくなってきたときや、同じ種類の同じ番号のノートを使いたいときには、「アーカイブ化」を行って、ペン本体からノートと音声データを削除し、本体の未使用メモリを増やすことができます。

      「アーカイブ化」は次の手順で実施します。

      ➊Echo Desktopを起動して、マイクロUSBケーブルでペンをパソコンに接続します。
      ➋「アクティブノートブック」からアーカイブ化したいノートを選択して、メニューの「ファイル」から「ノートブックをアーカイブ化」を選ぶと、「アーカイブ化」が始まります。(データの状態によって、数分~十数分間かかることがあります。)ペンの液晶画面がデータ転送中の表示に変わりますので、転送中はUSBケーブルをはずさないでください。また、パソコン本体がスリープしないようにご注意ください。
      ➌「アーカイブ化」を終了すると、ペン本体からそのノートのデータが1冊分まるごと削除され、メモリの空き容量が増えます。パソコンのEcho Desktop上では、上の画面のように「アーカイブ化されたノートブック」の位置に移動して表示されます。

エコー・デスクトップ、MyScript

  • Internet Explorerを使っていますがインストールに失敗してしまいます。
    • エコー・スマートペンWebサイトのサポート・ダウンロードのページにアクセスします。



      ➊Windows版のアプリをダウンロードしてください。
      ➋画面下に表示される「保存」をクリックします。
      ➌ダウンロード・フォルダにインストーラーがダウンロードされます。
      ➍ダウンロードしたインストーラーをクリックしてインストールしてください。

      ※「実行」をクリックしてもインストールはできません。
  • Macを使っていますがMyScriptのインストールに失敗してしまいます。
    • エコー・スマートペンWebサイトのサポート・ダウンロードのページにアクセスします。



      ➊MacOS版のMyScriptをダウンロードしてください。
      ➋インストーラーをクリックすると下記のように表示されることがあります。



      ➌これはお使いのMacOSのセキュリティ設定で、インストールできるソフトウェアが制限されている場合に表示される警告です。
      この場合は、「システム環境設定」の「セキュリティとプライバシー」で「このまま開く」を選んでインストールを許可するか、「すべてのアプリケーションを許可」に設定を変更すると、インストーラーが起動できるようになります。

  • ノートや音声を共有する方法は?
    • ノートのページを選択し、それをデスクトップにエクスポートします。そこから、お好きな宛先にファイルをアップロードまたは送信できます。

      ページのエクスポート:
      エコー・デスクトップから、手書きのノートや図形をPDFファイルとして保存できます。
      音声のエクスポート:
      エコー・デスクトップから、録音した音声を取り出して他の人と共有したり、他の機器やソフトで利用することができます。
  • 一本のエコー・スマートペンを複数のコンピュータで使用することはできますか?
    • できます。以下の注意が必要です。
      ➊複数のコンピュータにインストールしたエコー・デスクトップには、すべて同じアカウントを使用してください。
      ➋エコー・スマートペンのデータは、各コンピュータに定期的に転送してください。
      ➌あるコンピューターで専用ノートをアーカイブしたら、他のコンピューターでもアーカイブしてください。
  • 一台のコンピュータで、複数のエコー・スマートペンを管理することはできますか?
    • できます。新しいエコー・スマートペンを、エコー・デスクトップがインストールされたコンピュータに接続したときに、別の名前をつけてください。複数のエコー・スマートペンを一台のコンピュータで管理できます。
  • 日本語OCRソフトMyScriptの有効化をしようとしたら、サーバーと通信できないと表示されました。
    • Myscriptを有効化するには、インターネットで有効化のためのサーバーに接続する必要があります。オフィスからの接続等で、接続のセキュリティが強化されている場合には、サーバーとの通信が接続できない場合もあります。 Myscriptを起動して、メニューから「ヘルプ」>「登録」を起動して、「詳細オプション」を選ぶと、プロキシサーバーやトークンサーバーを利用する場合の設定項目が表示されますので、ネットワーク接続の技術担当者にお問い合わせをいただいて設定してお試しください。それでも接続ができない場合のために、手動による有効化手順が用意されています。

      インターネット接続のないコンピュータや、外部のホームページやサーバーに接続する際にパスワードや認証手続きが必要な接続環境では、通常の手順で有効化を行うことができません。有効化をお試しいただいて接続できない場合は、「手動による有効化」を実施してください。 「手動による有効化」を選択すると下記のような画面が表示されます。
      この指示通りにメールを作成して送信すると、Visionobject社のサポートサービスから、お客様あてに、「.licvo」という拡張子の添付ファイルを含む英語のメールが送られます。
      この添付ファイルは、体験版を有効にするためのプログラムです。
      このファイルを体験版がインストールされているPCにコピーして、ダブルクリックして実行すると体験版の有効化が完了して、機能制限が解除されます。

      英語ですが、手動で有効化を依頼して実施する操作の流れがYoutubeに公開されていますので、参考になさってください。動画の後半、2分55秒あたりから、返信されたメールの添付ファイルをクリックして有効化する場面が映っています。
      http://www.youtube.com/watch?v=jStd-XsAcKs

本体・設定

  • エコー・スマートペン本体が故障したのですが、修理はできますか。
    • エコー・スマートペン本体は分解修理が出来ない構造となっているため、有償・無償を問わず、修理することができません。
  • インクカートリッジを交換する方法は?
    • インクカートリッジのペン先を指でつまんで引き抜きます。インクカートリッジが外れたら、新しいインクカートリッジを挿入します。
  • エコー・スマートペンの本体のデータや設定を初期化することはできますか?
    • できます。下記の手順でエコー・スマートペンの本体内に記録された全てのデータを消去して設定をリセットすることができます。

      ➊マイクロUSBケーブルでペンをパソコンに接続して、Echo Desktopを起動します。
      ➋手元に残しておきたいノートのデータがある場合は、先に「ノートブックをアーカイブ化」を実行して保存してください。
      ➌データの同期が完了したら、リセット対象のペンが選択されていることを確認して、「ツール」メニューから「スマートペン」>>「もとに戻す」を選択します。
      ➍下図のようなダイヤログボックスが表示されますので、「スマートペンを復元」を選択してください。

      ➎ペン本体の液晶画面が英語モードの時刻設定画面または時刻表示になるまで、マイクロUSBケーブルを外さずにそのままお待ちください。(データの状態によっては数分~十数分間かかることがあります。)
      ➏ペン本体の液晶画面が英語モードの時刻設定画面または時刻表示になったら、マイクロUSBケーブルを外して、本体に付属の日本語ランゲージカードの「日本語」をタップしてください。
      ➐ペン本体の液晶画面に「Tap again to switch to Japanese and restart smartpen.」とスクロール表示しますので、表示されている間にもう一度「日本語」をタップして切り替えを完了させてください。

      これで、このペンは工場出荷の状態にリセットされました。改めて、コマンドが有効となるかどうかをお試しください。そのときに、Echo Desktopに既にConnect Premiumがセットされているのであれば自動的に同期しますので、Echo Desktopの「Install」表示はクリックしないでください。
  • エコー・スマートペンのナビプラスを操作していたら、言語表示が英語モードになってしまいました。日本語モードに切り替えるにはどうしたらいいですか?
    • 付属の「日本語ランゲージカード」を使って、エコー・スマートペンの言語設定を変更することができます。

      ➊付属の日本語ランゲージカードの「日本語」の文字をタップしてください。
      ➋ペン本体の液晶画面に「Tap again to switch to Japanese and restart smartpen.」とスクロール表示しますので、表示されている間にもう一度「日本語」をタップして切り替えを完了させてください。

      これで、液晶画面の表示が日本語に切り替わっていると思います。ご確認ください。

お問い合わせは
エコー・スマートペン
お客様サポートセンター

0570-783-707

10:00~17:00(土・日・祝・年末年始を除く)